40代からの歯のお悩み事情

歯のお悩み解決を補助するメディカル情報サイト

歯の健康は歯のケアと口内環境に形作られる

一部例外を除いて、全年齢に共通する歯の悩みの主たる要因である虫歯・歯周病・知覚過敏・歯垢(歯石) が普遍的な歯の悩みの原因である理由を社会生活と関連付けながら述べると共に、歯の悩みへの基本対策として歯のセルフケアを提示し、歯のセルフケアが効果を発揮するための最低条件についても言及しました。

40代から増加する歯周病

本項は、歯周病が30代を皮切りに増加の一途を辿り、40代に至って歯の悩みの2割を占めるに至る経緯を肉体と精神の両面での老化を絡めて探りながら、歯周病の根本原因と原因に基づいたセルフケアの双方について触れることによる歯周病対策の促進を試みたページです。

年齢別の歯の悩みの傾向と歯の悩みと口内環境の乖離

生活環境と老化を含めた健康状態に起因する年齢別の歯の悩みの傾向に対して、健康状態ひいては老化による衰えがダメージとして表出しやすい40代を基軸とした歯の悩みの傾向に触れつつ、歯の悩みと歯の健康の間に微妙な齟齬が生じる要因への私的な見解を述べています。

一般的な歯の悩みと基本的な対策

歯の悩みに煩わされることなく生きていくためには、歯のセルフケアが必須ですが、逆に言えば歯のセルフケアさえきちんとできていれば、歯の悩みと無縁で生きていける可能性もあることになりますね。

もっとも、歯のセルフケアのみで虫歯や歯周病に代表される歯と歯茎の問題から逃れることができる方は稀で、大半の方は歯科医院での治療を受けた経験があるはずです。

これは、歯のケアの開始年齢と口内環境が密接に関わっており、乳幼児期のようなセルフケアができない年齢において、保護者が歯のケアにどの程度の対策を行っていたかが問われ、乳歯からの乳幼児向け歯磨きを欠かさず行い、口移しを含む接触で第3者の口内細菌が口内に侵入して発生間もない乳幼児の口内細菌を蹂躙するリスクの回避をしっかり行っていた場合、口内環境に関わりの深い口内細菌のバランスが保たれ良好な基礎口内環境を構築できる可能性が高く、歯のセルフケアのスタンダートである歯磨きとゆすぎを徹底さえしていれば、少なくとも虫歯の発生は口内細菌の力関係から発生しにくくなる傾向にあると言われています。

保護者のケアによるものにしろ、偶然のたまものにしろ、口内細菌のバランスが取れた口内環境構築成功すると、歯の悩みを引き起こすファクターの一つである口内細菌がかなり抑制されるので、必然的に虫歯や歯垢(歯石)のような口内細菌を原因とする歯の悩みも抑制されますが、歯周病や知覚過敏のように口内細菌だけが原因ではない歯の悩みに対しては個別の対処を要し、歯周病予防にはストレス対策及び健康の維持促進と規則正しい生活が必要とされ、知覚過敏対策にはエナメル質と象牙質の2重構造で構築される歯の表層に当たる、エナメル質の摩耗を抑制するために歯磨きの回数と歯ブラシに込める力の最適化を行わなければなりません。