歯のお悩み解決を補助するメディカル情報サイト

>

40代から増加する歯周病

この記事をシェアする

40代から増加する歯の悩み

老化するほど衰えていく人間の多くは30代以降、つまりは40代から老いを感じはじめ、肉体的にも精神的にも衰えを実感しやすくなる傾向にあります。

これは、肉体の衰えによる体力的な衰えに端を発し、なまじ全盛期からの乖離を感じてしまうことで、老いを実感として捉えやすくなってしまい、老いを実感することにより、精神が老いを衰えという形の自覚症状を伴って理性で理解してしまうために引き起こされる老化の自覚も原因の一つです。

プラシーボ効果に代表されるように思い込みは決して軽視できるものではなく、老いの自覚も又、老化を促進させ肉体と精神の衰えに影響を及ぼし、40代を皮切りに様々な部位で問題が生じはじめますが、当然それは口内にも波及しており、40代からの歯周病の増加もそれを物語っています。

歯周病に効果的なセルフケア

先述したように、老化がはじまると肉体的な衰えは加速していき、それは口内にも影響を及ぼし、特に歯周病の増加という形で現れはじめますが、なぜ歯周病が増加するのかというと、歯周病の原因が歯の健康を保つ基本対策である、歯磨きやゆすぎによって解消できないことに起因しています。

歯周病の原因は、ストレス・免疫機能低下に加えて、歯茎への物理的な蓄積ダメージも含まれており、具体的には生活習慣や病気、老化などが要因となり、ストレス原因の排除(あるいは克服)による精神的ストレスの緩和、徹夜や食生活の偏りによる身体の機能不全並びに運動不足等が招く肉体的なストレスダメージと免疫低下を防止するための規則正しい生活と栄養学的にバランスのとれた食事、舌や歯茎にダメージを与えない適切な力での歯磨きといった自己管理を行うことで、老化による衰えを緩やかなものにし、ひいては歯周病の予防効果が見込めるはずです。