歯のお悩み解決を補助するメディカル情報サイト

>

年齢別の歯の悩みの傾向と歯の悩みと口内環境の乖離

この記事をシェアする

年齢別に見る40代の歯の悩みの傾向

虫歯・歯周病・知覚過敏・歯垢(歯石)を筆頭とする歯の悩みの原因は、歯周病が40代以降急増するように、それぞれ増減に傾向があり、免疫力が高くストレスの蓄積が少ない20代以下は歯周病の悩みが最も少なく、虫歯・知覚過敏・歯垢(歯石)の悩みが万遍なくある傾向を持ち、社会人として生活を積み重ねた30代頃から、歯周病が増加をはじめますが、30代の悩みの最たるものは忙しい社会生活で歯のセルフケアが疎かになったことによる虫歯の増加です。

40代になると老化による衰えから歯周病が歯の悩みのトップになり、50代以降には歯の悩みの3割を占めますが、逆に知覚過敏は時間的ゆとりが失われると悩みとはみなされにくくなるようで、20代以下をピークに年齢層が上がるほど減少傾向を見せ、50代には更年期障害と重なり苛々一因として一時増加するものの、60代以降は再び減少傾向に転じるなど、歯の悩みと年齢には相関関係が見られます。

歯の悩みは口内環境の悩みそのものではない

歯の悩みはあくまで本人が抱える悩みであることから基本的に自覚していなければ分からないものであり、年齢層ごとの生活環境や考え方の変化、肉体的・精神的余裕の有無などによる影響が激しく、口内環境の実態と必ずしも一致したものではありません。

具体的に述べると、20代以下なら虫歯・知覚過敏・歯垢(歯石)といった歯周病を除いた歯の悩みはほぼ横ばいですが、30代になると歯周病の急増がはじまり、40代以降は歯周病が歯の悩みの比重を大きく占め、30代から50代にかけての忙しい年齢層では軽度の知覚過敏は黙殺されてしまい、歯の悩みとして挙げられる頻度が減っていき、虫歯は実生活への影響の高さから常に歯の悩みとして挙げられ続け、身だしなみの一環として口臭の原因となりがちな歯垢(歯石)も虫歯と同じく歯の悩みとして一定の割合をキープすることから、歯の悩みは口内環境というよりは生活環境に則した悩みが選ばれているのです。